お金への執着を捨てる

クリックで応援お願いします→ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

ギャンブルにどっぷりとハマっている頃、ギャンブル依存によりこれから出てくる問題を考えた両親が「お金を貯めて、使っても良いお金でギャンブルをしなさい」とよく言っていました。

おそらくそれは正しいことで、

楽しみとしてやるものに使ってはいけないお金を使うことが間違っている。

お金に余裕があるからこそ、趣味となる。

お金があるからこそ、気持ち的にも余裕ができる。

この状態であれば、ギャンブルをしてもいいという主張は、お金の問題が起きにくいという点では非常に理にかなっています。 

しかし、僕たちギャンブル依存症の人は、これができないからこそ、問題がおきるのです。

 

ギャンブルを辞める時、「お金を貯めよう」と考える必要はないと思っています。

それは、「お金を貯めよう」と考える事で、「お金」から意識が離れないからです。

先ほどもお話ししたとおり、「お金を貯めてから、使っても良いお金でギャンブルをする」ことは難しいと思います。

お金を貯めようとするからこそ、ギャンブルをしてしまいます。

そして、少しお金が貯まったとしても、数回のギャンブルで無くしてしまうでしょう。

それほどまでにリミッターが外れた状態なのです。

 

ギャンブルを辞めて間もない頃、お金を増やす手段を迷いがちです。

本業なのか、副業なのか、ギャンブルなのか・・・

お金に注目すればするほど、苦しくなりますし、ギャンブルを可能性も高いと思います。

ギャンブルを辞める時、お金を増やすことを諦めてみましょう。

そして、本当に好きなことだけにお金を使おうとします。 

借金があるのなら返さなくてはいけませんが、返済計画を立てることに集中すれば、「急いで返そう」「同時進行で貯金をしよう」とは思わないと思います。

 

お金の執着から解き離れたとき、少しギャンブルから離れられると思います。

「お金」という大きな理由が消え、楽しみとしてやストレス解消方法としてのギャンブルと考えられるからです。

楽しみもストレス解消法も、結果がすぐにでるものはあります。

楽しみなら趣味、ストレス解消法なら睡眠や入浴、運動などですね。

「お金」に関しては、結果のすぐにでるものはほとんどないでしょう。

だからこそ、「お金」に関する執着から離れていかなくてはいけません。

 

お金に執着しなくなり、結果としてお金が貯まったとき、きっとギャンブルを選ぶ人は少ないと思います。

これまでの過程で、お金がたまる実績を積みましたし、楽しみやストレス解消法も見つけたはずです。

そんな状態から「趣味としてギャンブルを」と考えない限り、ギャンブルから離れた自分でいられると思います。

目の前の問題も減っているかもしれませんね。

ギャンブルを辞めると決心したとき、是非お金を増やすことを諦めてみてください。

お金を増やしたくなったら、お金について勉強してみましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました