ギャンブル意外にも注目をする

クリックで応援お願いします→ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

 

僕は大学時代から十数年間、ギャンブルをやってきました。

日々ギャンブルのことばかりを考え、ギャンブルにたくさんの時間を使います。

だからこそ、「自分にはギャンブルしか無い」と思ってしまいます。

 

ギャンブルを辞めたいと思うこともありました。

「自分にはギャンブルしか無い」と思う気持ちと「ギャンブルを辞めたい」という気持ちが戦っているときはとても苦しかったです。

 

僕は、ギャンブル依存症からの回復を目指したとき、「ギャンブルに頼らない」ということを意識していました。

ギャンブルに頼らなくても、ギャンブルをやらなくても生活できるんだ、ということを知っていましたし、できると信じていました。

それでも、衝動はくるのですが、気持ちをしっかり持ち直します。

 

ギャンブルやギャンブル依存症が、自分の人生全てではないと思います。

「ギャンブル依存症だから幸せになれない」

「ギャンブルばかりしてきたから趣味が無い」

そう考えるかもしれません。

 

しかし、ギャンブルをやっていない時間もたくさんあったはずです。

その時間も自分ですし、きっと大切にしてきたこともあるでしょう。

 

ギャンブル依存症からの回復を目指す時、「ギャンブル依存症」を主語にしなくてもいいと思っています。

もちろん、ギャンブル依存症であることを認める、ギャンブル依存症について知る、これまでやってきたことを振り返ることは大切です。

しかし、それが足かせになるのであれば、ギャンブルをやっていたときの自分以外を見るといいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました