生活を埋めるもの

ギャンブル以外の選択
クリックで応援お願いします→ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

 

ギャンブルを「やらないようにする」とストレスがたまり、苦しいですよね。

僕は、ギャンブルを辞めようとしても辞められなかったときには、とにかくギャンブルを「やらないように」と考えていました。

やらないようにと考えれば考えるほど衝動は強くなっていきます。

そして、それを楽にするためには「ギャンブルをやればいい」と考えてしまうのです。

 

ギャンブルを辞めると決心したとき、同時に「なにをやるか」を考えるようにしました。

「やらないこと」だけではなく「やること」を考えるのです。

 

僕の場合は、まず家庭の中をみるようにしました。

そして、自分ができていないこと、避けてきたこと、保留してきたことをやり始めました。

次に、休みの日の過ごし方、お金や仕事についての向き合い方を考えるようになりました。

 

こういうことを考え始めると、時間があっという間に過ぎていきます。

「今何ができるか」の答えはたくさんあり、それをやろうとすると圧倒的に時間が足りないのです。

でも、「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と考えていると疲れるので、ゆっくりする、という選択肢もちゃんといれるといいですね。

 

「やること」中心に生活ができると、時間があっという間に過ぎます。

そして、その時間を「充実している」と感じることができます。

 

ギャンブルを「やらない」決心ができたのなら、何をやるか、何がやりたいかを考えてみてください。

やること、やりたいことで自分の生活を埋めることができればギャンブルから少し離れられると思います。

そうしてギャンブルから離れたとき、自分の人生も大きく変わっていると思いますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました